抜け毛が気になっていたので名古屋のクリニックで治療を受けました

AGAはセルフケアでは対応できず薬物治療を受ける

抜け毛|名古屋 | 名古屋で女性の薄毛

AGAの遺伝に悩み名古屋の発毛専門クリニックへ / AGAはセルフケアでは対応できず薬物治療を受ける / 半年経過する頃には効果を実感したので治療は続けたい

男性ホルモンが過剰に分泌されて発生する薄毛とのことで、まずは男性ホルモンを抑制していくことが先決になるようですね。
市販のアイテムでは男性ホルモンを抑制することはほぼできないとのことで、やはり医療発毛を受ける必要性を感じました。
医師から処方された発毛剤はミノキシジル5%というタイプであり、血管を拡張して発毛を促進するそうです。
テレビCMでおなじみの発毛剤であり、こちらは薬局でも購入できるようですね。
一般的な発毛剤や育毛剤との違いは、塗布した後にマッサージをしなくていい点です。
指でマッサージをしたほうが効果的だと感じるのですが、話によればミノキシジルの吸収率が低下してしまうとのことです。
指に薬剤が付着してしまうので、その分だけ吸収量が減少するのでしょう。
発毛剤の使用回数は1日2回であり、洗髪後と起床時の2回を推奨されました。
朝に関しては洗髪をしていないので、髭剃りのタイミングで使用して問題ないとのことです。
抜け毛予防のために処方された経口薬はデュタステリドが含まれています。
フィナステリドよりも強力に男性ホルモンを抑制する作用があるそうで、最低でも6か月は服用する必要があるとアドバイスを受けました。
AGAを解消するにはヘアサイクルを正常にしていく必要があり、これには非常に多くの時間がかかるのです。